福井県福井市にある地域密着型の"まちの法律家さん"

お役立ち情報
離婚する時期について約束する「離婚約」について
2017年11月18日
相続・遺言書
「離婚約」とは、お笑い芸人インスタントジョンソンのじゃいさんの造語で、
「婚約」は、将来結婚することを約することをいい、法律上はあくまでも他人なのに対して、「離婚約」は、法律上婚姻関係のまま、将来離婚することを約束しながら一定期間結婚生活を継続させて行こうとするものと考えられます。
例えば、子どもが成人するまで、あるいは夫が定年を迎えたらなどです。
メリットとして
  1. 離婚後の生活について経済的、精神的自立の準備をすることができる。
  2. 離婚すると決めているので、相手の嫌いなところも割り切ることができる。
  3. 冷却期間を置くことで、かえって夫婦関係を修復することもできる。
つまり、いつもと変わらない日常生活を送りながら、前向きに新しい人生を迎える準備をおこなうことができ、夫婦関係が修復できれば、もちろん話し合いにより破棄すれば良いのです。
しかし、デメリットとして相手によっては
  1. 財産隠しをされることもある。
  2. 離婚するのならと、開き直られたり嫌がらせをされたり、かえってこじらせることもある。
「離婚約」を取り交わすには、相手のタイプや性格をよく見定めた上で、話し合うことが必要です。
また、離婚時期に同意ができ「離婚約」を取り交わす場合には、離婚協議書を弁護士や行政書士に内容の相談または作成をしてもらって公正証書にしておくことで、離婚後のトラブルを回避させることは大事です。
くわしくはこちら