福井県福井市にある地域密着型の"まちの法律家さん"

お役立ち情報
2019年09月16日
相続・遺言書
2019.8.24 地元の方に集まっていただき、終活セミナーを開催しました。
まず、エンディングノートの書き方講座から始まりましたが、終活やエンディングノートについての一般的な知識は、皆さんよくご存知で、他で貰った資料をお持ちの方もいらっしゃるようでした。
自分一人でノートを書き出すのは、ついつい先延ばしになることも多いと思いますが、皆さんと集まってわいわい雑談も交えながらご説明を進めていくにつれだんだんと内容もまとまってきたようです。

また、相続についてのご相談も寄せられ、話が盛り上がってくるとやはり他人事ではないことを実感されたようです。

福井県の認知症の割合は、65歳以上の28.7%と推計されます。(2019年7月1日現在)
認知症には、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあり、記憶障害:新しいことが覚えられない。思い出せない。しまい忘れや置忘れが多くなる。
見当識障害:日時や場所、人物がわからなくなる。
失語:読む、書く、話すなどが上手くいかなくなる。
実行機能の障害:物事を順序立てて行えない。
などの症状が現れてきます。

認知症で大事なことは、早期診断と早期治療です。
早期に治療すれば治せる場合があります。また、障害が軽いうちに
専門家の意見を聞きながら、その準備や手配をしておけば
自分らしい生き方をすることが可能です。
認知症にならなくても歳を取ることで、認知機能は低下しやすくなります。
認知機能とは、記憶・思考・見当識・理解・計算・学習・言語・判断のそれぞれの能力です。
認知機能が衰えを感じた場合には、エンディングノートなどで終活の備えを行うことをお勧めします。

坂谷行政書士事務所では、終活セミナーも行っております。ご希望の方は、お伺いいたしますので
ぜひご相談ください。